カザミドリ ~アラサー女のつれづれ見聞録~

旅行・本を中心に、日常からのtripが好きです。ヨーロッパ中心。

 

憧れのポサーダに泊まる!朝食編 Pousada Santa Maria do Bouro Amares宿泊記⑥

ポルトガル旅行で、アマレスにあるシトー修道会の女子修道院を改装したポサーダに泊まりに行きました。その宿泊記の6つめ、最後の記事です。

前記事はこちら↓

www.kazamidori-trip.com

☆ホテル詳細☆

ポウザダ モステイロ デ アマレス(Pousada Mosteiro de Amares)

 

さて、今回は朝食についてです。

こちらのホテルでは朝食は宿泊に含まれています。

朝食会場に向かうのに、お気に入りの中庭を通ります。

f:id:purplegray:20190423174910j:plain

 

朝食会場は前記事(その5)でのレストランと同じ場所ですが、時間が違うだけでこんなに雰囲気が変わります。

f:id:purplegray:20190424164447j:plain

天井からは明るい光が差し込みます。

f:id:purplegray:20190424164530j:plain

朝食は、パンやチーズがたくさん並びます。レストラン中央のテーブルから選びます。

f:id:purplegray:20190424164817j:plain

食事のバリエーションこそ少ないものの、一品ずつきちんと美味しかったです。オレンジジュースも美味!

f:id:purplegray:20190424164910j:plain

 

朝食を終えて、館内散策と、少しアマレスの町をお散歩。

f:id:purplegray:20190424165136j:plain

ホテルの前にこんなモニュメントがあることに気づきました。

f:id:purplegray:20190424165218j:plain

 

とても名残惜しいですが、一泊でチェックアウト。ブラガに戻るバスにあわせて帰ります。

f:id:purplegray:20190424165323j:plain

*************************************************

このホテル、規律が厳しいことで知られるシトー派の女子修道院を、元の建築を生かして丁寧に改装がなされていました。まるで当時の世界にいるかのような雰囲気がかなり残されていつつ、きちんと現代風に手が加えられていました。

また、自然との距離感も近く、華美な装飾がないのにかかわらず削ぎ落とされた美しさを至るところで感じることができました。

10日間の旅のうち、一泊しかできませんでしたが、ここは“「なにもしない」ことをしに数泊する”というのが何よりも贅沢。はるばる行く価値のある、目的地にふさわしい素敵なホテルでした。

大切な人とここでゆっくり過ごす休暇、きっと記憶に残るものになると思います。

**********************************************************

ホテルについては、こちらから詳細を見ることができます。

・Booking.com

ポウザダ モステイロ デ アマレス(Pousada Mosteiro de Amares)

 

・公式HP

www.pousadas.pt