カザミドリ ~アラサー女のつれづれ見聞録~

旅行・本を中心に、日常からのtripが好きです。ヨーロッパ中心。

 

プリトヴィッツェ国立公園・日帰りハイキング①

昨秋、クロアチアに行った際、世界自然遺産のプリトヴィッツェ湖群国立公園(Nacionalni park Plitvička jezera)に日帰りで行ってきました。

本当に素敵な公園だったので、そのときのことを振り返ろうと思います。[201809]

f:id:purplegray:20190310140806j:plain
 

先日、NHKの「2度目のクロアチア」でもプリトヴィッツェの特集番組をやっていました。

※2019年3月14日(木)にも再放送あります!

www.nhk.or.jp

 

 

プリトヴッツェ湖群国立公園とは?

<プリトヴィツェ湖群国立公園(プリトヴィツェこぐんこくりつこうえん)は、クロアチアの国立公園の1つであり、ボスニア・ヘルツェゴビナ国境に近いプリトヴィツェ湖群市(Plitvice Lakes municipality)に位置する。大小16の湖と92の滝がエメラルドグリーンの幻想的な景観を作り出しており、1979年にユネスコの世界遺産に登録された。~wikipedia~

・・・とwikiにはありますが、もっとわかりやすくいうと「ザグレブから日帰りで行ける巨大な自然国立公園で、マイナスイオンを感じてハイキングをするのに最高な公園」といった印象です。

後でも出てきますが、コースのバリエーションが多く、2~3時間の滞在でも充分に楽しめます。

「全てのコースを回らないと気が済まない!」「自然に癒されるためにクロアチアに来た」という方は近くに一泊して、とことん歩くのがいいと思います。が、普通の観光客の人には日帰りで充分だと思います。

ちなみにご参考までに、場所はこちらです。地図で見るとただの緑ですね・・・

 

ザグレブからの行き方

ザグレブからは、基本的にはバスに乗っていくことになります。大体のバスは、多くの人が空港から市内に移動したときに到着する、こちらのバスターミナルから出ています。 

バス会社の種類が多く、とりあえずバスターミナルに行けば何らかのバスで向かうことができますが、おすすめは事前のオンライン予約。

あらかじめ往復のバス時間を決める必要がありますが、私が行ったときには帰りのバスはほぼ満員で、事前にチケットを買っていた数人のみしか乗ることができませんでした。(チケットを持たない多くのバス待ちの人は一人も乗れませんでした)

↓予約はこちらからできます!

Home - Autobusni kolodvor Zagreb

私は10時前に到着し、 16時台にプリトヴィッツェを出るスケジュールでチケットを購入しました。

※時期や曜日によって、バスのスケジュールは大幅に異なりますのでご注意を!

ちなみに入場券の前売りはないので、エントランスの入り口で買うことになります。

入り口に到着!

前日に買ったパンをバスの中で食べながらぼーっとしていると、バスが入り口(Entrance 1)に到着しました。10時前だと、まだ空いています。

f:id:purplegray:20190310185124j:plain

f:id:purplegray:20190310185333j:plain

全体の地図がこちら。

f:id:purplegray:20190310185233j:plain

今いる場所から始めることのできるモデルコースです。所要時間が2~3から6~8時間までとバリエーションに富んだ4つのコースが。

f:id:purplegray:20190310185445j:plain

私は所要時間4~6時間と書いてある「C」のコースにすることにしました。Entrance1から入り、しばらく歩き、P3の乗船場から船でP2へ移動し、また歩いた後、St.3のバス停からSt.1のバス停まで移動して、Entrance1まで歩いて戻るコースです。

行ったのでこう書けるのですが、行く前の人としては??ですよね。ただ、覚えておいていただきたいのは、St.3のバス停がゴールではないということです。まだ続くのでご注意を。

園内では分岐点に自身の選んだコース名が記載された立札があるので、コース名を忘れないようにしましょう。


いざ入場!

チケットを購入し、そのまま入場します。

なお、プリトヴィッツェの入園料は時期によって異なります。冬が安く、夏~秋は比較的高いようです。

 

そして入場してすぐに現れるのがこの絶景!

f:id:purplegray:20190310190024j:plain

f:id:purplegray:20190310185931j:plain

いきなりの写真スポットが登場し、おそらくほとんどの人がそこで足が止まります。

スタートするのは「下湖畔」と呼ばれる場所(もう一つの大きな湖があるところが「上湖畔」)ですが、下湖畔の中でもかなり高い位置から見下ろしていることになります。

 

一通り写真を撮ったあとは、ひたすら下ります。すると遥か眼下にあった湖のほとりまで出ます。

f:id:purplegray:20190310190515j:plain

しばらく湖のほとりをひたすら歩きます。空が広く、緑が間近で、日本から遥か遠い地にいることを実感できます。

↓湖の上は、こういった木の板の上を歩きます。

f:id:purplegray:20190310190852j:plain

水の透明度が高い!動物の水中の足まではっきり見えます。

f:id:purplegray:20190310190929j:plain

歩いていくと、だんだん見えてくる風景と水の色が変わってきます。

f:id:purplegray:20190310191209j:plain

そしてP3の乗船場へ到着。ここから船に乗って、上湖畔へ移動します。

 

→その②へ続きます!