カザミドリ ~アラサー女のつれづれ見聞録~

旅行・本を中心に、日常からのtripが好きです。ヨーロッパ中心。

 

タリンでご飯を食べるならここ!<Rataskaevu 16>

今回おすすめするのは、エストニアはタリン旧市街での一押しレストラン<Rataskaevu16>

エストニア料理はドイツやフィンランドの影響を受けた独特なものですが、ここで食べられるのはその流れも汲みつつモダンヨーロッパな料理の数々。

私が行ったときはタイミングよく土曜日にも関わらず予約無しで入れましたが、最近はどんどん混雑して予約が必要になっている様子。しかしタリンに行く機会があるなら、是非とも行くべきレストランだと思いますので、渡航予定が決まったら押さえて行ってみてください! ちなみにトイレに寄るのも必須です。(理由は後述)

なお、以下のメニュー等は当時のものなので、現在と異なっている部分についてはご承知おきください。[201404]

場所はこちら↓

 

rataskaevu16.ee

店名のRataskaevu(ラタスカエヴ)はエストニア語で「釣瓶(つるべ)井戸」の意味だそう。

お店の目の前にはCat's wellというその名も猫井戸がありますが、こちらは中世で悪魔祓いの生贄として猫が投げ込まれていた・・・という猫好きには悲しい場所が。

昼だと明るい雰囲気です。

f:id:purplegray:20190129155655j:plain

お店の入り口はこんな感じ。(これは翌日改めて撮りました)

f:id:purplegray:20190129155812j:plain

中に入り、一人だということを伝えると明るい窓側のテーブルに案内されました。お水がお洒落で、テンションが上がります。レモンとライムが入っていてさわやか!

f:id:purplegray:20190129155945j:plain

奥の柱には譜面が貼ってあります。おしゃれ・・・

f:id:purplegray:20190129160101j:plain

 

気分が上がって白ワインを頼むと、一緒にパンプキンシードブレッド(カボチャの種入りパン)がついてきました。タリンの名物だそう。

バターも美味しく、文字通りぺろりといただけてしまうので、食べすぎないように注意してゆっくり食べました。さすが乳製品が美味しい国なだけあります。

f:id:purplegray:20190129160710j:plain

次はサラダとスープを。スープはパンプキンにしたのですが、サラダは失念してしまいました。。。とにかく美味!

f:id:purplegray:20190129160834j:plain

f:id:purplegray:20190129160945j:plain

メインはキッシュ!お野菜もたっぷりですがボリュームもあります。しかもソースも美味しい。。

f:id:purplegray:20190129161114j:plain

本当はデザートもいただきたかったのですが、お腹がいっぱいすぎてここで打ち止め。。コーヒーを頼んでみました。

それにしてもこのお店は由緒ある建物で、かつ店員もフレンドリー。居心地が良くて長居しない理由が見当たりません。

 

帰る直前にお手洗いに行ったら、トイレ内にとてつもない衝撃が。※見たくない方は飛ばしてください※

なんと、便器の下がガラス。そしてその下に広がるのは遺跡だったんです。。

f:id:purplegray:20190129162643j:plain

翌日、地下道ツアーに参加してタリンの地下には遺構が広がっているということを学んだのですが、それをまだ知らない段階だったので本当に驚きました・・・

私は高いところが好きなのでいいですが、ガラスの上にお手洗いがあるのは初めてで、高所恐怖症の人はちょっと怖いかもしれません。でもタリンの歴史をこのレストランで感じることができ、こうして話題になるという点では一見の価値ありです。

 

最初にも記載しましたが、どうやら現在は予約が必須なよう!

info@rataskaevu16.ee に事前にメールしてください。忘れたら・・・それでもダメ元で直接お店に行ってでも、是非チャレンジしてみてください。