カザミドリ ~アラサー女のつれづれ見聞録~

旅行・本を中心に、日常からのtripが好きです。ヨーロッパ中心。

 

トレド(Toledo)ぐるぐる街歩き

「もし、一日しかスペインにいられないのなら、迷わずトレドに行け」 という言葉があると知ったのは、マドリードの旅行を計画している途中。

それなら是非ともトレドに行かなきゃ!ということでマドリードからトレドまで日帰り観光をしてきました。[201505]

 <目次>

 


 

 

チケット購入

マドリードのアトーチャ駅からトレドまではRenfeというスペイン国鉄で片道約30分です。

毎度のことですが、電車はレイルヨーロッパで検索すると日本語で購入できる代わりにお高く出てきてしまうので、以下の公式サイトからの購入を強くおすすめします。

www.renfe.com

席の選び方などは「renfe 予約」で検索すると丁寧に解説しているブログがあるので、そちらを参考にしました。

駅名の選択肢で悩んでしまうのですがアトーチャ駅は「Madrid-Puerta De Atocha」、トレド駅は「Toledo」を選択してください。

アトーチャ駅~トレド

朝起きてホテルでご飯を食べてから、アトーチャ駅へ。

f:id:purplegray:20190124173427j:plain

アトーチャ駅には植物園があります。これは帰りにその一部を撮った写真ですが、こんな感じ。室内に不思議な空間が広がっています。

f:id:purplegray:20190124173837j:plain

亀がうじゃうじゃ。。

f:id:purplegray:20190124173906j:plain

 

さて、Renfeに乗ればあっという間にトレド駅へ。人の流れについてぶらぶら歩けば、古都が見えてきます。

f:id:purplegray:20190124174737j:plain

f:id:purplegray:20190124174757j:plain

しかし何を隠そう、私、晴れ女なんですよね。この日も快晴でGWにも関わらずとても暑かったです・・・

古都トレドへ

橋を渡ると、こんな鍵穴みたいな入り口が。RPG感満載でワクワクします。未だにこの門のインパクトはとっても強いです。

f:id:purplegray:20190124175054j:plain

街に着いたら、まずはトレド大聖堂を目指します。

f:id:purplegray:20190124175628j:plain

トレド大聖堂

トレド大聖堂は、スペインのカトリックの総本山である大聖堂です。世界で4番目に大きな大聖堂だとか。

入場料を払って中に入ります。鐘楼(塔)にも登りたいので、セット価格の方を購入。中はとても広々していて観光客も多くいますが、写真をパシャパシャ撮るのを躊躇われるほどとても静かで崇高な場所でした。

そそくさと撮ったので、写真ブレブレです・・・その代わり、ゆっくり眺めて雰囲気や建築・絵を堪能しました。

f:id:purplegray:20190124180320j:plain

f:id:purplegray:20190124180540j:plain

f:id:purplegray:20190124180415j:plain

こんなことを言うのも何ですが、本当に「何かいる」ような気がしてちょっと怖いゾーンもありました。。

 

鐘楼に登るのは、時間が決まった合同ツアーに参加する必要があります。時間になったら集合して、一団で鐘楼へ向かいます。

これは途中の外廊下。建築好きにはたまらない雰囲気です。

f:id:purplegray:20190124181204j:plain

f:id:purplegray:20190124181314j:plain

あの鐘のあるところまで行きます。

f:id:purplegray:20190124181351j:plain

途中、ヨーロッパの塔によくあるきつい階段を上っていくと、鐘のすぐ真下に出ます。

f:id:purplegray:20190124181515j:plain

鐘のところは柵に囲まれていて、正直あまりいい眺望ではありません。

ただ、降りる途中に見える景色で自分が高いところにいることを実感できました。

f:id:purplegray:20190124181705j:plain

街歩き

大聖堂から出たら、街散策をしました。細い道だらけで、うっかりすると迷い込んでしまいそうです。

f:id:purplegray:20190124181905j:plain

f:id:purplegray:20190124182025j:plain

 

f:id:purplegray:20190124181942j:plain

猫がかわいくて、うっかりついていってしまいました。

f:id:purplegray:20190124182102j:plain

裏道に面したレストランでゆっくりランチを食べ、何度も街の中心であるソコドベール広場を通って、剣や鎧を売っているお店を見たりしてブラブラ過ごしました。 

パラドール デ トレドのカフェへ

街をぐるぐる歩いたら、トレドの全景を見るべくパラドール・デ・トレドへ。タクシーに乗って向かいます。

パラドール・デ・トレドはトレドの旧市街を見おろす丘の上のホテルです。パラドールとは観光活性化を狙って国が運営している、いわば国営ホテルです。それぞれ昔の古城や貴族の館を改装しており、魅力的でグレードが高い割には比較的安価に泊まれます。ポルトガルではポサーダに該当します。

今回はお茶だけしたのですが、こんな景色を眺めながらとても優雅でのんびりとした時間を過ごすことができました。

f:id:purplegray:20190124183006j:plain

ここのホテルのカフェでお茶ができるとガイドブックに書いてあることから、このホテルだけやたら日本人比率が高かった印象を受けます。

どうしても日本人の観光は時間がないのでそそくさとしてしまいますが(周りの日本人客はすぐに入れ替わってました)、本当に絶景なのでゆっくり過ごしました。次回また来ることがあれば、ここでトレドに一泊して夜景も見てみようと決めました。

 

****************************************

朝9時すぎにアトーチャ駅を発ち、16時すぎの電車で戻ることにしていましたが、ざっと急ぎ足で観光するなら日帰りで大丈夫だと思います。

ただ、私のようにゆっくりのんびり過ごしているとあっという間に時間になってしまうので、じっくり観光するのであれば一泊して夜のトレドを楽しむのも魅力的だと思います。