カザミドリ ~アラサー女のつれづれ見聞録~

旅行・本を中心に、日常からのtripが好きです。ヨーロッパ中心。

 

threeのSIMをヨーロッパ周遊で使ってみた

2018年9月~10月にかけてヨーロッパ周遊をした際に、threeのSIMを利用しました。

大変便利だったので、ご紹介します。

 

※前段となる通信手段の検討記事はこちら

purplegray.hatenablog.com

 

 さて、今回私が利用したのはこちら。

 

私が持っていったケータイはSIMフリーのiPhoneSEです。

Apple Storeで購入し、普段はいわゆる格安SIMを使用しています。あまりケータイで動画を見ない&家にはwifi環境があるので、5GBと通話の出来高で普段の月額は3,000円くらいです。

 

さて、今回ヨーロッパを周遊するにあたって検討したことは以下の要素。

【必須要素】

1.きちんと海外で使えること

2.microSIMに対応していること

3.SIMピンが付属していること(自分の持っていって失くしたら嫌だったので)

4.滞在する国全てで対応可能であること

⇒これらは全てクリアしています。

2については「通常/nano/microの3サイズに対応しており、お好きなサイズに抜き取ってご利用いただけます。」とのことですが、簡単に抜き取ってmicroサイズにすることができました。

4の対応可能国については、以下のように記載があります。

***********************************************************************

-ご利用可能地域は?-
イギリスと71の国と地域(Go Roam)で音声通話・テキスト・データ通信を利用出来ます。

※イギリスのみLTE通信が可能、Go Roamでは3G/2Gとなります。
アメリカとプエルトリコでご利用になるには
2G:GSM 1900、3G:WCDMA Band 1900/1700-2100 (AWS)
への対応が必要ですのでご注意ください。

イギリス(LTE可)
【ヨーロッパ地域(Go Roam​ in Europe)】
アランド諸島/オーストリア/アゾレス諸島/バレアレス諸島/ベルギー/ブルガリア/カナリア諸島/クロアチア/キプロス/チェコ/デンマーク/エストニア/フィンランド/フランス/フランス領ギアナ/ドイツ/ジブラルタル/ギリシャ/グアドループ/ガーンジー/ハンガリー/アイスランド/アイルランド/マン島/イタリア/ジャージー/ラトビア/リヒテンシュタイン/リトアニア/ルクセンブルク/マデイラ/マルタ/マルティニーク/マヨット/オランダ/ノルウェー/ポーランド/ポルトガル/レユニオン/ルーマニア/聖バルトレミー/サンマルタン/サンマリノ/スロバキア/スロベニア/スペイン/スウェーデン/スイス/バチカン


【その他の地域(Go Roam​ Around the World)】
アメリカ/プエルトリコ/米領バージン諸島/コスタリカ/グアテマラ/エルサルバドル/ニカラグア/パナマ/ブラジル/チリ/コロンビア/ペルー/ウルグアイ/オーストラリア/ニュージーランド/イスラエル/スリランカ/香港/マカオ/インドネシア/シンガポール/ベトナム

***********************************************************************

この情報は2018年12月の執筆時のものなので、将来的に変更になる可能性があります。対応地域については、こちらのthree社のHPを直接確認するのが確実です。

www.three.co.uk

なお、メインな国で使用できないところは日本をはじめ、アジアだと中国・韓国・台湾・タイ・マレーシアあたりでしょうか。他にはウクライナ、カナダも入ってないですね。この辺りも一緒に行く場合は少し注意が必要そうです。

 

【検討要素】

6.何GBにするか?

7.通話機能って必要?

⇒結果的には、20日弱で使用したのは3GBほどだったので私は5GBで充分でした。

(主にSNSを見たり、予約したリンクを開いたり、GoogleMapを確認したりすることに使用していました。なので3G回線でも問題なかったです。)

友人と現地合流した旅行だったので、ずっと一人旅だったらもう少し使用していたかもしれません。

また、通話機能については予約していたホテルの場所がわからず(GoogleMapにあるホテルの位置が誤っていました・・・)、ホテルのオーナーと電話するのに一度だけ使用しました。あって良かったです。

 

【結果的に便利だったこと】

・日本語の説明書がついていたこと

⇒私はYellow Mobileという代理店から購入したのですが、3ページに渡る日本語の丁寧な説明書が付属していました。

正直購入時にはあまり気にしていませんでしたが、iPhoneAndroidごとに手順が書いてあり、スムーズに設定できました。

※説明書にもありますが、他のプロファイルを使用している場合(格安SIMの場合は恐らくほぼこの場合に当てはまります)、設定前にプロファイルを削除する必要があるので要注意です。消すのは少し勇気がいりますが、帰国後に再設定すれば問題ありません。

 

これまで使用した中で一番使いやすかったと思ったので、ご紹介しました。

また他に良いSIMがあれば記事にしたいと思います。